パーキンソン病の革新的な遺伝子治療開発に向け、英国で産学連携が開始

Synpromics社とUniversity College London
(2017.12.04 08:00)1pt
森下紀代美

 英Synpromics社は、2017年11月28日、パーキンソン病の遺伝子治療の開発に向け、中枢神経系(CNS)の広範な合成遺伝子プロモーター(synthetic gene promotor)を作製するため、英University College London(UCL)と共同研究を行うと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧