味の素、固相と液相でオリゴ核酸の製造能力を年間100㎏分増強へ

 味の素は、2017年11月29日、子会社のジーンデザイン(大阪府茨木市、湯山和彦社長)の研究所敷地内に、「核酸医薬API開発センター」を新設し、核酸医薬の製造能力を大幅に増強すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)