米Wisconsin大学Madison校のAmie J. Eisfeld氏らは、エボラウイルスの感染に対する宿主応答とエボラウイルス病(EVD)の発症および重症化の関係を明らかにするために、患者から採取された血液標本を対象としてマルチオミックス解析を行った。結果はCell Host & Microbe誌電子版に、2017年11月16日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)