細胞治療やその他の再生医療のための規制の枠組みについて検討してきた米食品医薬品局(FDA)は、2017年11月16日、2つのドラフトガイダンスと2つの最終版ガイダンスを公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)