弘前大学大学院医学研究科脳神経内科学の東海林幹夫教授は、家族性アルツハイマー病の保因者を対象とするDIAN研究(Dominantly Inherited Alzheimer Network)の発症予防プログラムに日本からも症例登録する意向を明らかにした。これまで日本のDIAN研究(DIAN-Japan)は観察研究にとどまっていた。2017年11月24日から3日間にわたって金沢市で開催された第36回日本認知症学会学術集会の学術教育講演で明らかにしたもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)