千寿製薬とジーンテクノ、「ルセンティス」のバイオ後続品を開発へ

 千寿製薬とジーンテクノサイエンスが、共同事業化契約を締結し、2017年11月にフェーズIIIを開始した眼科治療領域のバイオ後続品(バイオシミラー)が、「ルセンティス硝子体内注射用キット」(ラニビズマブ)のバイオ後続品であることが、2017年11月28日までに本誌の取材で明らかになった(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)