NVIDIAが「AI創薬」へ、ベンチャーと勉強会

新薬の開発コストの高騰は、製薬企業にとって悩みの種だ。最近では、その額は2000億円規模とも言われる。ハイパフォーマンスコンピューティングや人工知能(AI)を駆使することで、この状況を何とか打開できないか――。こんなテーマについて議論する「AI創薬勉強会」を、米NVIDIA社が2017年11月22日に東京都内で開催した。AIやデジタルヘルス分野のベンチャーなどがテーブルを囲んだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)