阪大がミジンコのゲノム編集、ノックアウトはCRISPR、ノックインはTALEN

 大阪大学大学院工学研究科生命環境システム工学研究室の加藤泰彦助教と渡邉肇教授らは、先に確立した甲殻類のオオミジンコの遺伝子操作技術を用いて、ゲノム編集ツールのTALENやCRISPR/Cas9を用いて光るミジンコを作製し、環境により性が決定する仕組みを解明した。2017年11月2日(現地時間)に論文2報にて成果を発表した。環境刺激に応答して性が決まるときに2つの遺伝子が連動して活性化される仕組みを、世界で初めて突き止めたという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)