ゲノム編集学会、ゲノム編集技術の産業利用でシンポ、社会受容など課題

 2017年11月24日、日本ゲノム編集学会産学連携委員会は、明治大学バイオリソース研究国際インスティテュートと共同で、産学連携シンポジウム「ゲノム編集技術の産業利用の道筋を探る」を開催。農林水産分野や創薬基盤・医療応用分野でゲノム編集技術の実用化を目指す研究者や、ゲノム編集技術の知的財産動向に詳しい専門家らが、産業利用のための課題などについて講演した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)