京都大学イノベーションキャピタル(iCAP、京都市左京区、室田浩司社長)は、2017年11月22日、元武田薬品工業の研究者よって設立されたChordia Therapeutics(神奈川県藤沢市、三宅洋代表取締役)に出資することを発表した。Chordia Therapeuticsは、癌領域の研究開発に注力しており、CDC様キナーゼ(CLK)阻害薬など複数の前臨床のパイプラインを保有している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)