あすか製薬、リフキシマは2017年度中に顆粒剤のフェーズIを開始へ

 あすか製薬は、2017年11月22日、2018年3月期第2四半期の決算説明会を開催。 2016年11月に、肝性脳症治療薬として、国内で初めて承認された「リフキシマ錠」(リファキシミン)について、クローン病を対象に顆粒剤の治験を2017年度中にスタートさせる考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)