リボミック、日米の臨床試験の詳細を明らかに

 東京大学発ベンチャー企業でアプタマーのベンチャー企業、リボミック(東京・港)が同社主導で臨床研究を開始する。同社はアプタマーをベースとした医薬品や工業製品の開発を指向するベンチャー企業。標的蛋白質に応じたアプタマーを設計し、基礎的なデータと共に大手企業にライセンスしてきた。「ヒトで機能する明確な証拠を求める大手企業の要求が想像以上に強く、自ら早期の臨床試験を行い、コンセプトの立証(POC)に乗り出すことに今年(2017年)、社の方針を転換した」と同社の中村義一代表取締役社長(東京大学名誉教授)は語っている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)