政府は、第1回日本医療研究開発大賞の受賞者を決定した。極めて顕著な功績があったと認められた健康・医療戦略推進本部長(内閣総理大臣)賞には、東京都医学総合研究所の田中啓二理事長がプロテアソームの構造と機能を解明した功績で受賞した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)