中外製薬、米Foundation Medicine社のパネル検査は承認目指す方針

 中外製薬は、スイスRoche社が買収、グループ入りした米Foundation Medicine(FMI)社の癌遺伝子パネル検査(癌領域のクリニカルシーケンス検査)を日本で開発し、承認申請を目指す方針を明らかにした。FMI社のサービスや、日本での開発方針などについて、2017年10月30日、中外製薬プロジェクト・ライフサイクルマネジメントユニットFMI準備室の飯島康輔室長が、本誌の取材に応じた(関連特集)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)