ニプロ、自家MSCの承認申請予定の時期について言及

 ニプロは、2017年11月16日、2018年3月期第2四半期決算説明会を開催。札幌医科大学と共同開発している脳梗塞および脊髄損傷の治療に用いる自家の骨髄由来間葉系幹細胞(MSC)の承認申請の時期について、同社の佐野嘉彦社長は、当初の想定より遅れていることを明かした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)