ジーンテクノ、「開発中の再生医療は2025年から2030年の発売を視野」

フェーズIIIにあるバイオ後続品は2020年から2025年に順次発売へ
(2017.11.17 10:00)1pt
久保田文

 ジーンテクノサイエンスは、2017年11月16日、2018年3月期第2四半期の決算説明会を開催した。谷匡治社長は、バイオシミラー事業、バイオ新薬事業、新規バイオ(再生医療)事業で開発中の開発品の発売時期について、現在フェーズIIIを実施している、複数のバイオ後続品(バイオシミラー)については、「特許との兼ね合いになるが、2020年から2025年に、バイオ新薬、再生医療は2025年から2030年に発売できるのではないか」との見方を示した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧