三菱UFJキャピタル、他家椎間板由来細胞を開発する米ベンチャーに投資

 三菱UFJキャピタルは、2017年9月26日、他家の椎間板由来の前駆細胞を利用した細胞医薬「Injectable Discogenic Cell Therapy(IDCT)」を開発する米DiscGenics社に200万ドル(約2億3000万円)の出資を行った。DiscGenics社は今後、国内での治験届を提出する方針だ。2017年10月17日、DiscGenics社のFlagg Flanagan会長兼最高経営責任者(CEO)と三菱UFJキャピタルライフサイエンス部の安江滋副部長、DiscGenics社の国内での活動をサポートしている経営コンサルティングのCJ PARTNERS(東京・渋谷、Colin Lee Novick代表、Jason David Sieger代表)のNovick代

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)