北海道大学病院は、2017年11月10日、脳梗塞に対する自家骨髄幹細胞移植の医師主導治験を開始したことを発表した。移植細胞を標識し、核磁気共鳴画像法(MRI)で動態追跡を行う初めての治験とみられる。北海道大学大学院脳神経外科学分野の寳金清博教授、川堀真人特任助教、北海道大学臨床研究開発センターの七戸准教授、富山大学脳神経外科学分野の黒田敏教授らによる共同研究だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)