EMA、11月20日の本部移転地決定を前に移転時の懸念を指摘

(2017.11.10 08:00)1pt
緑川労=医療ジャーナリスト

 欧州医薬品庁(EMA)は、2017年11月7日、英ロンドン市から移る同庁本部所在地が11月20日にEU加盟国によって決定されるのを前に最新の移転準備状況を発表した。

 EMAは、移転による業務の停滞や混乱が欧州の公衆衛生に重大な影響を及ぼすとの観点から、業務の円滑な継続とスタッフの確保を優先課題として、移転準備を進めてきた。今回の発表では、英国がEUを離脱する2019年3月30日まで約17カ月しか残されていないことや、その日には移転地での業務を開始しなければならないことを念頭に新たな移転地(都市)政府と直ちに移転準備作業を開始する方針を示した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧