Sarepta社、Duke大学とDMD対象のゲノム編集治療で共同研究契約

CRISPR/Cas9知的財産の独占権を取得
(2017.11.08 08:00)1pt
川又総江

 米Sarepta Therapeutics社は2017年10月31日、米Duke UniversityのDr. Gersbach研究室とデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療を目的とするゲノム編集技術CRISPR/Cas9の共同研究契約に合意したと発表した。Duke University Department of Biomedical Engineering のCharles A. Gersbach 准教授らのグループが開発したDMD対象CRISPR/Cas9の知的財産権と関連技術を独占的に活用するオプション権を取得した。協働してCRISPRの基盤技術を進化させ、DMD適応での臨床開発にこぎ着ける意向だ。契約に関する金額などの取り決めについては明らかにしていない。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧