東工大とCambridge大、マクロライド排出ポンプを詳細構造解析

 東京工業大学生命理工学院の村上聡教授と岡田有意助教らは、日和見感染菌acinetobacterのマクロライド排出ポンプMacBの詳細な構造をX線結晶回折により解明した成果を、Nature Communications誌にて2017年11月6日に論文発表した。大阪大学大学院理学研究科の山下栄樹准教授や英University of Cambridge薬学科のHendrik van Veen上級講師らも共著者だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)