大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫内科学の熊ノ郷淳教授らの研究グループは、多発性骨髄腫細胞に発現するインテグリンβ7が正常細胞血液細胞に発現する形とは異なる特異的な立体構造を取ることを発見し、これを標的とする新たなキメラ抗原受容体発現T細胞(CART)療法の実用可能性を発表した。現在、医師主導治験(AMED革新的がん医療実用化研究事業)の準備を進めている。本研究成果は、日本時間2017年11月7日のNature Medicineオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)