厚労省第二部会、アトピー性皮膚炎に対する初の抗体医薬など承認を了承

 厚生労働省は、2017年11月6日、薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会を開催。アトピー性皮膚炎に対する初の抗体医薬となる、サノフィの「デュピクセント皮下注」(デュピルマブ(遺伝子組換え))など5品目の新規承認と、2品目の一部変更承認を了承した。今回、一部変更承認が了承された品目は、2017年12月、新規承認が了承された品目は、薬価制度改革の影響で、2018年1月にも承認される見通し。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)