協和発酵バイオのシトルリン、食安委が評価結果を厚労省に通知

高度精製添加物の考え方を準用、食品(微生物)基準による評価は不要
(2017.11.07 08:00)1pt
河田孝雄

 協和発酵バイオの大腸菌CPR株で生産するLシトルリンが、食品安全委員会での審議を終えた。食安委が2017年10月31日、リスク管理機関の厚生労働省に遺伝子組換え食品等評価書「CPR株を利用して生産されたLシトルリン」を通知した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧