中皮で発現する膜蛋白質であるメソテリンに対する抗体と細胞傷害性物質を結合させた薬剤であるanetumab ravtansineとペメトレキセド、シスプラチンの併用が、主にメソテリンを発現する上皮中皮腫や非扁平非小細胞肺癌に有望である可能性が明らかとなった。併用について評価するフェーズIb試験で忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が認められた。10月26日から30日まで米国フィラデルフィアで開催されたAACR-NCI-EORTC INTERNATIONAL CONFERENCE“MOLECULAR TARGETS AND CANCER THERAPEUTICS”2017(AACR-NCI-EORTC2017)で、米National Cancer InstituteのRaffit Hassan氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)