東芝、日本人ゲノム解析ツールの新バージョンがサービス開始

SNP収載数が倍増
(2017.11.02 08:00)1pt
川又総江

 東芝は2017年10月27日、東北大学の日本人ゲノム解析ツールの新バージョン「ジャポニカアレイv2」を用いたサービスを開始したと発表した。ヒト白血球抗原(HLA)や様々な疾病に関連する一塩基多型(SNP)の収載数がこれまでの約2倍に増強され、日本人に特徴的な疾病や形質などと関連する遺伝子多型の解明のさらなる進展が期待される。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧