大日本住友製薬、2018年3月期上期は絶好調も、ラツーダの特許切れに向けた対策を急ぐ

(2017.11.01 08:00)1pt
山崎大作

 大日本住友製薬は2017年10月30日、2018年3月期第2四半期決算の記者説明会を開催した。同社は同日、フランスPoxel社より糖尿病治療薬Imegliminの日本およびアジアでの権利を取得したと発表したが、開発初期のものについて今後も導入を続ける意向を示すとともに、日本では売り上げを上げるために販売提携を進めていく。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧