中外製薬永山会長CEOが薬価制度改革や医療技術評価導入への懸念表明

 中外製薬の永山治会長CEOは、2017年10月30日、日本製薬企業のイノベーション創出と課題に関して、都内で会見を開き、国内企業と外資(グローバルメガファーマ)で、R&D投資に大きな格差が生じており、国内企業は、今後、これに劣らない研究開発投資力を必要とするとの考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)