経口FGF受容体(FGFR)阻害薬rogaratinib(BAY 1163877)が、FGF1-3のmRNA高発現の日本人の局所進行または転移を有する固形癌にも有効である可能性が明らかとなった。日本人を対象としたフェーズI試験で、忍容性が確認され一部の患者で抗腫瘍効果が確認された。10月26日から30日まで米国フィラデルフィアで開催されているAACR-NCI-EORTC INTERNATIONAL CONFERENCE2017“MOLECULAR TARGETS AND CANCER THERAPEUTICS”(AACR-NCI-EORTC2017)で、国立がん研究センター東病院の田原信氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)