米MediciNova社、多発性硬化症を対象としたフェーズIIbで主要評価項目を達成

 米MediciNova社は2017年10月30日、MN-166(イブジラスト)の多発性硬化症(MS)を対象としたフェーズIIbのトップラインデータを欧州多発性硬化症学会(ECTRIMS)で示したと発表した。プライマリーエンドポイントである全脳萎縮の進行度では、プラセボと比較して48%抑制した他、重篤な副反応・副作用の発生頻度に違いは見られなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)