米MediciNova社、多発性硬化症を対象としたフェーズIIbで主要評価項目を達成

有意差は示すも、p値は0.04にとどまる
(2017.10.31 08:00)1pt
山崎大作

 米MediciNova社は2017年10月30日、MN-166(イブジラスト)の多発性硬化症(MS)を対象としたフェーズIIbのトップラインデータを欧州多発性硬化症学会(ECTRIMS)で示したと発表した。プライマリーエンドポイントである全脳萎縮の進行度では、プラセボと比較して48%抑制した他、重篤な副反応・副作用の発生頻度に違いは見られなかった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧