塩野義の手代木社長、「2020年に中分子で複数個フェーズI入り目指す」

 塩野義製薬は、2017年10月30日、2018年3月期第2四半期決算説明会を開催。同社の手代木功社長は、「正直に言って、現在は前臨床からフェーズI段階のパイプラインの厚さが足りないと思っている」と話し、今後のパイプラインの拡充方針などについて説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)