「液剤の導入は2020年の再審査期間切れの強い対策になる」とシンバイオの吉田社長

 シンバイオ製薬は2017年9月21日、米Eagle Pharmaceuticals社よりベンダムスチン製剤の液剤に関する日本での開発・商業化に関する独占的ライセンス権を取得したと発表した。既に同社はベンダムスチンの凍結乾燥注射剤を2010年に発売。溶解する手間があるとはいえ、あえて1250万米ドルの契約一時金および承認取得時のマイルストーンを支払って液剤の事業化の権利を獲得した理由について、吉田文紀代表取締役社長兼CEOに話を聞いた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)