米Eli Lilly社とドイツCureVac社は2017年10月18日、癌ワクチンの開発と商品化を目的とする世界的な協力契約を結んだと発表した。CureVac社専有の、迅速で費用対効果も高いワクチン製造技術「RNActive」を用いて、ネオアンチゲン(遺伝子変異抗原)を標的とする、複数の癌種に対するワクチンを、最高で5製品まで開発するという。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)