筑波大柳沢教授らが睡眠測定を行うデバイス開発のベンチャー設立

 筑波大学国際睡眠医科学研究機構(IIIS:トリプルアイエス)の柳沢正史教授などは2017年10月17日、在宅で睡眠測定を行うためのデバイスを開発するベンチャー、「S’UIMIN」(茨城県つくば市)を設立した。文部科学省の「地域イノベーション・エコシステム形成プログラム」に基づくもので、同プログラムで採択されたプロジェクトで、新しいベンチャーが設立されるのは初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)