東大病院岩田氏、アルツハイマー病発症に乳癌遺伝子BRCA1の関与を特定

(2017.10.20 08:00)1pt
川又総江

 東京大学医学部附属病院神経内科の岩田淳講師らの研究グループは、孤発性アルツハイマー病の発症には乳癌の原因遺伝子として知られるBRCA1が関与することを明らかにした。神経細胞特異的なエピゲノム解析による世界初の発見で、癌で注目されるDNA修復遺伝子BRCA1の機能異常がアルツハイマー病の脳内で起こることが確認されたことで、DNA損傷に焦点を当てた新たな治療法の開発に道が開けた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧