再生医療学会、再生医療受けた患者の臨床データ登録システムの運用開始

 日本再生医療学会と厚生労働省、医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2017年10月17日、3者合同記者会見を開催し、臨床研究から市販後調査までの再生医療を受けた患者の臨床データを登録するデータベース「再⽣医療等データ登録システム(National Regenerative Medicine Database:NRMD)」の運用を開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)