武田、癌治療薬開発とデジタルPETでベンチャー企業を2社設立へ

 武田薬品工業が保有する新薬候補や技術をベースにした新たなベンチャー企業2社が、2017年11月にも立ち上がる。2017年10月18日、同社の湘南研究所で開催された「MIT Startup Exchange Showcase Japan」の講演で、武田薬品工業リサーチイノベーション&アントレプレナーシップヘッドを務めるSham S. Nikam氏が明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)