DWTI、眼科手術補助剤の日本での白内障手術時でのフェーズIIIを医師主導治験で開始

(2017.10.17 08:00)1pt
山崎大作

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(DWTI)は2017年10月16日、眼科手術補助剤DW-1002(一般名:BBG250)について、日本の白内障手術時の水晶体前嚢染色を対象とした医師主導治験を開始したと発表した。国内でのフェーズIIIの扱いとなる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧