ゲノム医療を実現するための医療人材のキャリアパスなどを議論する政府の会合が初開催

(2017.10.12 08:00)1pt
寛和久満夫=科学ジャーナリスト

 政府のゲノム医療実現推進に関するアドバイザリーボード(議長=和泉洋人・内閣官房健康・医療戦略室長)の初会合が2017年10月11日、内閣府で開催された。アドバイザリーボードは、ゲノム医療実現推進協議会の議論の過程で、多種多様な医療人材のキャリアパスの調整・検討、遺伝子を改変するゲノム編集技術の研究開発の推進などについて、留意すべき新たな視点が見いだされたことから、これらを検討するために設置された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧