政府のゲノム医療実現推進に関するアドバイザリーボード(議長=和泉洋人・内閣官房健康・医療戦略室長)の初会合が2017年10月11日、内閣府で開催された。アドバイザリーボードは、ゲノム医療実現推進協議会の議論の過程で、多種多様な医療人材のキャリアパスの調整・検討、遺伝子を改変するゲノム編集技術の研究開発の推進などについて、留意すべき新たな視点が見いだされたことから、これらを検討するために設置された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)