がん研究会がんプレシジョン医療研究センターの植田幸嗣プロジェクトリーダーらの研究グループは、2017年10月4日、腎癌組織が分泌するエクソソームから早期診断バイオマーカーとなり得るアズロシディン(AZU1)という蛋白質を発見したと発表した。腎癌初期患者の血清からも検出できることを確認し、東ソーと血液検査による診断法の共同開発契約を締結したことも明らかにした。本研究成果は、国際対がん連合(UICC)公式誌International Journal of Cancerの2017年10月4日付けオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)