陽進堂、CJヘルスケア社からダルベポエチンアルファのバイオ後続品導入

日本国内独占権獲得で透析領域強化へ
(2017.10.06 08:00)1pt
川又総江

 陽進堂(富山市、北村博樹社長)は、合弁会社のYLバイオロジクス(東京・中央区、日比野俊彦社長)が2017年9月28日、韓国CJヘルスケア社とダルベポエチンアルファ(遺伝子組換え)のバイオ後続品CJ-40001の技術導入契約を締結したと発表した。日本国内での独占的開発・販売権を取得した。陽進堂は、エリスロポエチン(EPO)製剤の需要度が高い透析領域で、営業販売活動の強化につながるとして期待している。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧