プロトセラが腎臓移植時の拒絶反応に対するバイオマーカー開発へ

 ウシオ電機の子会社であるプロトセラ(兵庫県尼崎市、田中憲次社長)は2017年10月2日、大阪大学と共同研究契約を締結し、腎臓移植時の拒絶反応の早期診断や早期治療を目的としたバイオマーカーを探索すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)