北大と農研機構、ダイズのCRISPRゲノム編集プラットフォーム確立

巨大化関連2遺伝子に変異導入、ヌルセグレガントも取得
(2017.10.02 08:00)1pt
河田孝雄

 北海道大学大学院農学研究院の山田哲也講師らと農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の研究グループは、CRISPR/Cas9を利用してダイズをゲノム編集するプラットフォーム技術を確立した。岩手県盛岡市で開催される日本育種学会第132回秋季大会で2017年10月7日に発表する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧