米NewLink Genetics社は2017年9月25日、英AstraZeneca(Az)社と免疫療法ベースの膵癌併用療法の共同臨床開発契約を締結したと発表した。膵癌の標準的併用化学療法にNewLink社のインドールアミン-2,3-ジオキシゲナーゼ(IDO)阻害薬indoximod、並びにAZ社のプログラム細胞死受容体1リガンド(PD-L1)標的抗体デュルバルマブ(米国製品名Imfinzi)を組み合わせる治療法で、まずは小規模の患者集団を対象にフェーズIIを実施する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)