政府の創薬支援ネットワーク協議会(議長=和泉洋人・内閣官房健康・医療戦略室長)は2017年9月27日、創薬技術支援を行っている理化学研究所、医薬基盤・健康・栄養研究所、産業技術総合研究所(3独法)の支援機能を強化するため、6月の協議会で日本医療研究開発機構(AMED)が要望した技術・設備について、2018年度予算要求への反映状況を確認した。また創薬支援ネットワークの活動状況についても報告を受けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)