東大とJAMSTEC、40億年前の海洋堆積物から生命の痕跡を発見

 東京大学大学院総合文化研究科の小宮剛准教授と東京大学大気海洋研究の佐野有司教授らは、世界最古の生命の痕跡を従来の推定より1億5000万年以上遡った成果を、Nature誌にて2017年9月28日に論文発表した。2011年から2013年に3回、カナダの現地調査を行った。論文の共著者には、海洋研究開発機構(JAMSTEC)深海・地殻内生物圏研究分野の研究者や、研究当時は東京大に所属していたが現在は東北大学や大阪教育大学、フランス原子力機構に所属する研究者も名を連ねている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)