英NICE、ニボルマブをNSCLCにCDFでの使用を推奨

 英国立医療技術評価機構(NICE)は、2017年9月20日、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社の免疫チェックポイント阻害薬「Opdivo」(ニボルマブ)について、扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対して、英国民保健サービス(NHS)における癌治療薬ファンド(CDF)による使用を推奨する最終評価決定書(FAD)を発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)