旭硝子は、2017年9月25日、同社の連結子会社でバイオ医薬品開発製造受託企業(CDMO)の米CMC Biologics社(2017年2月から本社をデンマークから米国に変更)の生産能力を増強することを発表した。シングルユースの2000Lの動物細胞用の培養槽を5基増設する。既存の2000Lの培養槽と同じ製造ラインに設置することで、2000Lから最大1万2000Lの動物細胞の培養に対応できるようになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)