バイオバンクジャパン、アカデミアや企業、計59件に試料配布実績

 東京大学医科学研究所の湯地晃一郎特任准教授は、2017年9月8日、千葉市で開催されたJASIS 2017の「ポストゲノム時代の医療とバイオバンキング」(主催:特定非営利活動法人バイオチップコンソーシアム)と題したフォーラムで講演。東京大医科研を中心に展開されているバイオバンクジャパンについて、試料の提供状況などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)