ペプチドリームは2017年9月25日、川崎医科大学と共同で手掛けるデュシエンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬について、非臨床POCが取れたことを明らかにした。今後、ペプチドリームが開発権を取得する方向だ。同社は希少疾病用薬など早期に開発できる医薬品を手掛ける意向を示しており、今回の治療薬はその有力な候補となりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)